「お客様のために」という言葉の重みを理解しているか?問い続ける日々

岡本さんの現在の業務を教えて下さい。

現在30社強のお客様を担当し、採用成功のためのサポートをしています。中途入社し、もうすぐ5年目です。

サポートにおいて、一番大事にしていることはなんですか?

お客様と一緒に本気で採用成功を目指すということです。「お客様のために」という言葉の重みや奥深さを理解し、「自分は本当にお客様の方を向いているか?」と常に疑い続けてサポートするよう、心がけています。

「『お客様のために』という言葉の重みや奥深さ」とは具体的にどのようなことでしょうか?

誤解を恐れずに言うと、かつての自分は「お客様のために」という言葉を“乱用”していた気がします。もちろん嘘ではありませんが、「『お客様のために』と言っていればいい」とどこかで思っていたのではないかと…。
それに気づかせてくれたのは、やはりお客様です。私が簡単な気持ちで「お客様のために」と口にしたことに対し、心から御礼を言ってくださったお客様がいました。その時すごく申し訳ない気持ちになって…お客様と、ちゃんと向き合う決意をしたんです。今までの提案レベルでは、全然だめだと思いましたね。気づいたときは、悔しかったです…。

本気で「お客様のため」のサポートを覚悟してから、変わったことはありますか?

まず、「大変だ」「面倒だ」と思うことがなくなりました。また「もっとこうしたらいいんじゃないか」という改善案が、今まで以上に浮かぶようになりました。
もともと私は、人に対してドライに関わる癖があったので、お客様に対してなかなか自分の提案や考えをお伝えできずにいました。お客様が「やりたいけど、できない」とおっしゃったときには、すぐに「仕方ない」と諦めてしまっているときもありました。でも、そうじゃない、と。お客様が採用成功の道を踏み外しそうになっていることに気づいたら、きちんと採用成功の道に戻るまでサポートしきれなければ私の価値はないと気づき、自分の考えをしっかりお伝えできるようになりました。たとえば、あるお客様で内定辞退者へのヒアリングを行ったところ、内定辞退の最大の要因が「採用競合と比較して給与が低いこと」でした。そこで担当者と一緒にデータをかきあつめ、社長に問題提起し、給与の引き上げを実現しました。今までの私ではできなかったことだと思います。

お客様の「やりたい」を実現するための提案をし続けたい

具体的に行動していることを教えてください。

お客様の「本当はこうしたい」という想いを実現できるような提案をすることです。先ほどの給与の話もそうですが、たとえば、お客様(=目の前の担当者)は「採用活動に先輩社員を参加させたい」と思っているけれど、社内の協力を仰げないということがよくあります。そんな時は、私がお客様の味方になって、どのように社長に提案を通すかを考え、社内での交渉や稟議資料の作成まで行い、社内環境を変えるための提案を一緒に作っていきます。採用担当者は孤独です。だから、私が採用チームの一員になり、お客様と決めた採用のゴールに向かって、サポートできるようにしています。

最後に、岡本さんが一番嬉しい瞬間は、どのようなときですか?

目の前でお客様が採用成功している姿を見られたときですね。先日も、提案した施策を実行していただいたあと、応募者がシミュレーション通りに増えて、無事採用できたお客様がいて「岡本さん、本当に頼りにしてます」と言っていただけました。お客様には採用を通して実現したいことがあり、私はお客様から実現したいことを共有していただいています。それがすごくありがたくて、自分の体験のように感じています。お客様の想いが、目の前で花開くことがうれしいです。今後もそんなお客様を1社でも増やしていきたいと思います。

さらに詳細なサポート内容を知りたい方は、お問い合わせください!

0120-98-3276 お申込み・資料請求もこちらから"

詳しい話を聞く!

他のリクルーティングアドバイザーのインタビューを見る。

  • 徹底的な顧客理解でお客様が見落としている問題に解決策を提案。 リクルーティングアドバイザー 橋本 祥子
  • 「先回り」のアドバイスで採用失敗を回避。 リクルーティングアドバイザー 中村えり
  • 企業の魅力を学生に届きやすい形に翻訳します。 リクルーティングアドバイザー 藤田典子
前のページへ戻る

リクナビのサービス詳細

リクルートキャリアが運営する新卒採用サイト「リクナビ」のサービス詳細についてご紹介いたします。


  • ※※2016年3月1日時点・主要就職サイト比較
  • お問い合わせ先:0120-98-3276
  • 〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー