リクルートキャリアのサステナビリティ

リクルートキャリアのサステナビリティ

「個の尊重」を起点に、未来へ持続可能な社会の実現を目指して。

人は誰もが、その人だけのかけがえのない持ち味を持っていて、その持ち味は、いつかきっと誰かのために役立てることができる。人は誰もが、壁にぶつかり、立ち止まってしまうこともある。そんな時、たった一人でも、自分の可能性を信じ期待し続けてくれる人がいれば、きっと立ち直れるし、前進することができる。

私たちが50年を超える事業の歴史の中で見てきたものは、人が人を動かし、人が組織を動かし、人が社会を動かしていくという数々の事実。だからこそ私たちは「個の尊重」を起点にして、未来へ持続可能な社会の実現を目指していきます。

介護業界で一人でも多くの人がイキイキと働けるように

「介護事業者」「講談社の漫画『ヘルプマン!』」「リクルートキャリア」の3者がタッグを組んでスタートしたプロジェクト“HELPMAN JAPAN”では、介護業界の就業人口を増やすことを目的に、介護業界の正しいイメージ発信と定着率アップのためのノウハウを提供しています。

納得感のある就職活動を

正社員に未経験からチャレンジしたい若者の就職支援と、中堅中小企業の採用活動をサポートする、人材紹介サービス“就職Shop”は、これまでに10万人の若者と面談してきました(2018年5月末時点)。「この会社で働いてみたい」と思えるような、納得感のある就職活動機会を提供することがサービス提供開始以来のわたしたちの変わらぬ思いです。

会社を超えて成長企業に"参画"できる、新しい働き方

「社会人インターンシップ」や「社外ディスカッション」を通じて、会社を越えて成⻑企業に参画できるサービス "サンカク"。個人の職業寿命が⻑期化するなかで、個人が⽣涯活躍していくためには、一つの企業、一つの職種に留まるだけではなく、⾃⾝の活躍の場を広げることが重要だと考えています。また、企業にとっても、これまでになかった⽅法で、⾃社の事業成⻑につながる個人との出会いを提供していきます。

街ぐるみで採用し、人を育てる、新しい採用活動のカタチ

地域の深刻な人手不足を解消するため、地域の行政と企業、リクルートキャリアがタッグを組んだプロジェクト ”マチリク”。本来であれば採用競合となる企業同士が地域コミュニティをつくり、街ぐるみで次世代の若者を採用しています。採用だけにとどまらず、マチリク同期としてのつながりを深める施策や、地域一体となったビジネスモデルの構築など、これまでになかった取り組みが次々と生まれています。

未来を担うこどもたちに、「働く」を考えるきっかけを

「世の中にはどんな仕事があるんだろう」「自分は将来どんな仕事をしたいんだろう」 ―好きなこと、嫌いなこと、得意なこと、苦手なこと。人はみんなそれぞれ違うもの。「働く」を考えるきっかけを得ることは未来を担うこどもたちにとって、とても貴重な体験です。その体験がこどもたちの将来と未来の社会を豊かなものにしていく。私たちはそう信じて、キッザニア東京・甲子園に〈おしごと相談センター〉パビリオンを出展しています。