新型コロナウイルス感染症に負けるな! 福祉・介護業界の新しい働き方

福祉・介護業界からポジティブな情報を発信することで、新型コロナウイルス禍の日本を元気に、笑顔にしたい! 福祉・介護の未来を応援する『HELPMAN JAPAN』では、応援プロジェクト「#つむぐ!笑顔メッセージ!!」を実施しています。

新型コロナウイルス感染症は、高齢者ほど重症化するリスクが高まると報告されています。そのため、高齢の利用者も多い福祉・介護施設では、新しい働き方に本腰を入れています。2018年の調査結果(※)では、タブレット端末やWebシステムなど情報技術・機器の導⼊状況は50.8%と、もともとICT化に課題を抱える施設が多い福祉・介護業界。

しかし、そのICT活用した感染予防対策や人材の採用・定着に関する取り組みなど、新型コロナウイルス禍で様々な取り組みが進んでいます。そこには、働くひとたちのたくさんの創意工夫が。ウィズコロナ時代のあらゆる仕事の参考になりそうです。

福祉・介護に携わる皆さまからの、同業の皆さま、日本の皆さまへの応援メッセージとともにご覧ください!

介護業界では難しいとされていたテレワークを積極的に推進し、働きやすい環境も

社会福祉法人合掌苑

こちらの施設は、新型コロナウイルス感染症の拡大を機に、ケアマネジャーなどのソーシャルワーカー、総務・事務系の職員について、テレワークができる環境を新たに整えました。感染予防以外に思いがけないメリットも。以前から導入していたフレックスタイム制に加えて、テレワークを進めることで、さらに働きやすい環境が実現されています。
(社会福祉法人合掌苑/東京・神奈川)

ICTの活用で、「密を防ぎつつ、全スタッフ一丸」となり、感染を予防

社会福祉法人吉祥会

介護ロボットも導入するこちらの施設は、感染予防と様々な交流機会を両立すべくICTを積極活用。それは利用者や家族に対してだけではなく、職員に対しても。Webでの研修・会議の開催や、消毒方法や衛生管理の動画マニュアルによる業務の見える化などを実施。密を防ぎつつ、全スタッフが一丸となって発症予防に努めることができていると言います。
(社会福祉法人吉祥会/神奈川)

3月中旬に決断した、初のオンラインによる入社式・新人導入研修

社会福祉法人南高愛隣会

数年前からICT化を進めてきたこちらの施設。入社式のオンライン開催と入社後12日間の自宅待機をいち早く決断。「新入職員同士が直接会う機会を持つことができない状況で、普段よりも不安を抱えやすくなることが懸念されるため、フォローをより一層手厚くしていきたい」と、個々の研修に加え、朝礼や夕礼、懇親会のオンライン実施をされました。
(社会福祉法人南高愛隣会/長崎)

感染予防での採用オンライン化が、選考に進む学生の割合を高める結果に

社会福祉法人小田原福祉会

市内での感染拡大を受け、いち早く対策を開始したこちらの法人。採用では、魅力をどう発信するかといった課題に様々なチャレンジを。職員自らがカメラ片手に日常のリアルな風景をオンラインでライブ配信する施設見学会や、学生のキャリア相談やアドバイスもスタート。「一人ひとりと関わっていくことの機会が得られた」と採用担当者は話しています。
(社会福祉法人小田原福祉会/神奈川)

感染拡大で海外渡航が厳しいなか、オンライン面接で海外から人材を採用へ

社会福祉法人一燈会

日本で介護に取り組むことを希望する技能実習生を外国から定期的に受け入れているこちらの施設。現地ミャンマーの訪問が、2月頃からの感染症拡大で不可能に。働き手を受け入れられず、さらに技能実習候補生にとっては、働く機会を失う可能性も。そこで、現地の候補者と通訳を交えて、オンライン面接を実施し、採用に至っています。
(社会福祉法人一燈会/神奈川)

感染予防を徹底しつつ、職員それぞれの創意工夫で笑顔の連鎖を

社会福祉法人ほうえい会

以前からインフルエンザやノロウィルスなどの感染症対策に取り組まれており、新型コロナウイルス感染症にも徹底した予防対策を実施。さらに、こんな時期だからと、ほっこり笑顔を増やせる取り組みも。外部の方の来訪が不可能な状況下で、スマートフォンでのビデオ通話の活用や、前職が美容師の職員による入居者のヘアカットなどが行われています。
(社会福祉法人ほうえい会/東京)

※ 介護サービス業で働く人の満足度調査 2018年(PDF 584.0KB)