第25回HRmicsレビュー 残業は常識ではなくせない

第25回HRmicsレビュー 残業は常識ではなくせない


時短という言葉が生まれて早30年。なのに、なぜ残業はまったく減らないのでしょうか。 それは、大元が間違っているから―本当の問題は何なのか、をはっきりさせるための時間です。

プログラム

Part1

問題の本質は「オモテナシ」という無駄

< 本誌編集長 海老原 嗣生 >

特集内にも再三書いてきました。血の出るような時短努力って変ですよね?欧米じゃそんなことせずとも、みな5時に帰っています。 日本人の根源的な問題がそこにはあるはず。それをデータや事例で明らかにし、少しだけ解決策を探ります。
Part2

【東京会場】対談:それでは残業は減らせない。本気の時短術を語ろう

< 勝間 和代 氏(エコノミスト)×海老原 嗣生(本誌編集長) >

あの、勝間さんが、日本の根本的な問題をズバリ!と斬る。本誌内でも目うろこの話が出てまいりました。 上司は絶対・お客は絶対が負の連鎖となっていること。エストロゲン優位社会なこと。 だからこそ、過当競争で利益が下がる。そして労働生産性も下がる。 こうした悪循環への対応策を語ってくださいます。テレビでは聞けないオフレコ話も乞うご期待。

【大阪会場】対談:残業ゼロで160%成長!クラシコム代表に聞く、残業しない会社の作り方

< 青木 耕平 氏(株式会社クラシコム 代表取締役)×海老原 嗣生(本誌編集長) >

残業をしない働き方は簡単。無理な仕事を断ればいい。ただそれでは仕事が来なくなる。ならば「それでも欲しい」と言われる企業になればいい― 多くの経営者が「わかっちゃいるけどできはしない」と思っていたそれを、なぜ成し遂げられたのか。 その秘訣を語っていただきます。蛇足ですが、イケメンです。

参加お申込み

[東京会場]
【大阪会場】

セミナーお申し込み前に「プライバシーポリシー」をご確認ください。

  • 定員になり次第、申込みを締め切らせていただきます。
  • 講師、テーマなどは事前の予告なく変更させていただく場合がございます。
    あらかじめご了承いただきますようお願いします。

主催 株式会社リクルートキャリア