お知らせ記事詳細

ミラキャリ通信 Vol.3:本業とは異なる機会だからこそ副業では「自分の興味」を優先に

サンカク副業社員やサンカクパートナー、イベント参加者にとって、キャリアプランやスキルアップを考えるきっかけや、自信を得られる場として、『サンカク』はどのように役立っているのか?社会人のインターンシップやスポットディスカッションから見えるトレンドや、副業の実態から見える未来の働き方とは?

今、キャリアに関して"もやもや"を感じている方も、一歩踏み出せば未来は明るい。その一歩踏み出すきっかけを提供している『サンカク』から、「未来のキャリア」についてお届けするニュースレターが「ミラキャリ通信」です。『サンカク』に携わる方々にとって、『サンカク』はどのように未来に向けた自身のキャリアプランやスキルアップを考えるきっかけとなり、自信を得ることができる場となっているのか?社会人のインターンシップやスポットディスカッションから見えるトレンドや副業の実態から見える未来の働き方とは?『サンカク』ならではの情報を活動レポートとして今後もタイムリーに発信していきます。

本件の詳細はこちらをご覧ください。
20200813.pdf(1.0MB)

『サンカク』の現場から

本業と異なる機会だからこそ「フルスイング」を~自らの「副業経験」から見えてきたこと~
リクルートキャリア 事業推進室 古賀 敏幹

Point

  1. 副業や社会人のインターンシップは、「自分の興味」や「やりたいこと」を優先するべき。本業で培った経験や知見の有無で選択肢を自ら制限することは非常にもったいない!
  2. 本業で得られない打席で失敗を恐れずにフルスイングしてほしい。その先のキャリアは自分自身で力強く決めてほしい!
  3. 社会人のインターンシップの参加者のうち、3人に1人が、本業の経験やスキルとは異なるテーマに参加

『サンカク』に限らず、キャリアチェンジを検討する際には、「これまで仕事で培った経験や知見を重視するべきなのか」、それとも「やりたいことやチャレンジしたいことを優先すべきなのか」の2択で悩まれる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

「転職活動中でまさに次の転職先を探すタイミング」での考え方については、多くのキャリアアドバイザーや専門家の方々が既にさまざまな見解・解説を発信されておりますので『サンカク』として改めて「新しいこと」をお話できることはないかもしれませんが、転職するよりも前のタイミングに「自分のスキルが社外で通用するのか腕試ししたい」、「勤務先とは違う社外のことを知りたい」と思い副業や社会人のインターンシップに参加しようと悩まれている方にはいま、お伝えしたいことがあります。

副業や社会人のインターンシップでは「自分の興味」を優先するべき

結論から言うと、「本業がある上で"+α"で行う社外活動(副業や社会人のインターンシップ)」に関しては、「自分の興味」や「やりたいこと」を優先するべきで、本業で培った経験や知見の有無でそれらの選択肢を自ら制限することは非常にもったいないことなのです。

副業や社会人のインターンシップなどにおいて、仮に社外活動の場で失敗をしてしまったとしても、本業に毀損を与えるわけではありません。このような状況の場合においては、むしろ本業では経験できないチャレンジはどんどん積極的に実行すべきですし、回ってきた打席(機会)に対しては、三振なんて恐れずにフルスイングしないともったいないのです。

自分が興味を抱いた副業での経験が自身の「キャリア構築」の刺激に

私自身の経験をお話いたします。私は、前職でエンジニアとして働いていました。その際、プロボノとしてとあるNPO法人のマーケティングに従事したことがありました。当然、当時の本業ではマーケティングについては全く触ることのない、未知の領域です。 それでも、私はこの機会をチャンスと捉え積極的に「学び」として挑戦したのです。これは普段の仕事では決して得られることのない機会。且つ、自分自身のその先のキャリアに大きな影響を与える機会でした。 当時、エンジニアとして仕事をする中で、エンドユーザーに価値を提供している手触り感がなかったことや、人から提示されたものではなく、もっと世の中に変化をもたらすものを自ら考えて生み出したいと強く思う一方、本業でそのような打席はなかなか回ってこないのは理解していましたし、そもそも「エンドユーザーに価値を提供する」という領域に関して経験がなかったため、「このタイミングで転職するのは難しいだろう」と勝手に感じていました。しかし、前述のNPO法人での活動を通じて試行錯誤した結果、これまでに経験したことのない手触り感や醍醐味、やりがいを感じ、「職務としての経験がなくてもやっていける。5年、10年、キャリアの回り道をしたとしても、自分の信じる価値を世の中の1人でも多くの人に届ける仕事がしたい」と自分のキャリアを見つめ直すことができました。

その結果、私自身は当社に転職し、『サンカク』の事業開発を担うことになったのです。やはり転職した当初は思うように進まない時期が続き、自分の力不足を痛感することも多々ありました。しかし、NPO法人での経験と、その時の決意のおかげで突き進むことができました。そしてなにより、転職してからの「もがいた」時間は決して無駄じゃないと胸を張れるようになったのです。

「自分自身で決心をする」ことが重要

私自身の経験から、『サンカク』が提供する価値は、「本業の経験の有無に関わらず、自分がどうありたいかを考えるきっかけになること」だと考えています。『サンカク』には、『サンカク』に携わる方々と決めたサービス独自の「ビジョン・ミッション・行動規範」を策定しています。その中には、「Full Swing(できることよりやりたいを優先し、失敗を恐れない)」「Decide Yourself(自分で決める)」というものがあります。

これは、「仮に本業で得られない打席を『サンカク』が提供できるのであれば、失敗を恐れずにフルスイングしてほしい。そして、その先のキャリアは自分自身で力強く決めてほしい」という想いを込めています。その結果、「転職してチャレンジする」という結論であっても、やはり「本業で頑張る」という結論であっても、どちらでも良いと思います。重要なことは、「自分自身で決心をする」ということなのです。なお、『サンカク』が提供する社会人のインターンシップの参加者のうち、全体の約37%と3人に1人以上の方が、本業の経験やスキルとは異なるテーマに参加されています(2020年7月時点での集計)。これは『サンカク』として目指す価値を一定実現できていることの表れだと思いますが、まだまだ道半ば。より多くの方が、自身の興味のあるテーマに、より自由に参加できるようなサービスにしていきたいと考えています。

『サンカク』が提供する社会人のインターンシップでは、未経験の領域に挑戦する方々もいらっしゃることを常に念頭に置いており、参加者に対してテーマに関する補足説明や、考え方のガイドを充実させています。そして、いま「新しい働き方」として注目されている「ふるさと副業」においては、チャレンジする方々を支えられるようなサポート体制の構築をしていきたいと考えています。 「ふるさと副業」については今後も積極的に情報発信してまいります。

本件の詳細はこちらをご覧ください。
20200813.pdf(1.0MB)