プレスリリース記事詳細

株式会社リクルートは、転職希望者が登録した履歴書情報に対する企業の評価情報をネット上でレポートするサービスを開始いたします

【サービスサイト名称】    リクナビNEXT
【URL】   http://next.rikunabi.com


サービス概要

転職情報サイト「リクルートナビキャリア」は2001年2月7日にサービスを開始、2002年5月時点で、利用登録会員数約50万人以上を有し、9000社以上の企業に利用されております。6月5日よりサービス名称を「リクナビNEXT」と変更し、従来の「求人情報検索・履歴書情報登録サービス」を刷新して下記の機能を強化します。

【1】企業側が転職希望者を検索し、直接接触できる機能(「スカウトセンター」)をメインサービスとしてサイト上に設置いたします。
【2】転職情報サイトとしては初めて、登録された履歴書情報に対する、求人企業側の相対評価を個人別にレポートいたします。(※個人のサイト使用は無料)
【3】新規学卒者向け就職情報サイト「リクナビ(リクルートナビ)」のブランド力を背景に、社会人向け転職サイト「リクナビNEXT」として名称を変更いたします。

サービス刷新のねらい・今後の展開

今回の刷新により、社会人向け転職サイト「リクナビNEXT」は情報検索ができるだけでなく、
●転職希望者に
「求人企業が求める履歴・職歴の傾向」「自分の登録情報に対する、企業側のアプローチ状況」などの相場情報を取得できるメリットを提供します。また、
●求人企業に対しては
「事業戦略上必要な履歴・職歴をもつ転職希望者に効率よく、直接接触できる機会」を提供いたします。

リクルートは既に、転職情報誌「B-ing、TECH B-ing、とらばーゆ、ガテンなど」を通じて、求人企業の相場情報や、普段は気がつきにくい企業の事業紹介等を提供しております。今後はインターネットのメディア特性を活かし、日本最大級の情報量に加えて、個人と企業が双方の情報をレポートしながら、ダイレクトにコミュニケーションする機能もサポートして参ります。
双方のメディアを合わせて「個人と企業がより対等で、自由な転職(求人)活動を行う事のできる場」の形成を積極的に行ってまいります。

サービスの背景

■1■ インターネットを使った求人情報件数は増加しています
日本の完全失業率が3月時点で5.3%と依然高い水準で推移しておりますが、インターネットを使った求人情報件数は増加しており、リクルートナビキャリアに掲載されている求人情報数も約40000件以上、と前年に比べ約64%upしております。(cf.全求人件数の伸びは、15%)

■2■ インターネットでは、企業側から転職希望者に直接アプローチ(スカウト)する動きが活性化しています
リクルートナビキャリアでは、現在企業側から転職希望者へ電子メール(スカウトメール)を送付する数が月間4万件となっております。
景況が厳しい中であっても、企業側では事業戦略上優秀かつ必要な人材への採用意欲が高い水準にあり、対象となる転職希望者に対して、直接接触できる機会を望む傾向があります

■3■ 企業側から直接アプローチ(スカウト)される転職者の属性は、特定層を対象としたものではなく、一般化しています
「企業から個人への直接アプローチ(スカウト)」というと、技術系や専門スペシャリストなどの「非常に高いキャリア・スキルを有する個人」のみが対象になると思われがちですが、実際にリクルートナビキャリア上において、「企業からのスカウトメール」を受信している個人の属性を見ると、

  •  ●職種系統別におけるボリュームゾーンは、「技術系(ソフト)42.6%」に次いで「営業・事務系33.2%」
  •  ●年収範囲別においては、「301万円~500万円」までの範囲で54.7%

と一般的な属性が過半数を超える状況です。

サービス刷新の詳細

【1】企業側が転職希望者を検索し、直接接触できる機能「スカウトセンター」
求人企業は、転職希望者が登録した「履歴書情報」を自由に検索し、必要な人材に対して、サイトを通じで直接接触を行う事が可能です。

※個人の履歴書情報(レジュメ情報)をサイト上に掲示し、企業からの直接接触(スカウト)を待つ転職支援サービスは、米国で「レジュメポスティングサービス」と呼ばれており、既に一般化されているサービスです。

【2】登録された履歴書情報に対する、求人企業側の相対評価を個人別にレポート
転職希望者にレポートされる具体的な項目は以下のとおりです。別紙の「画面イメージ」もご参照ください。

 (1)転職希望者が登録した「履歴書情報」に対する、企業側の評価情報

  •  ●求人企業側から検索された回数
  •  自分宛てに送信されたスカウトメール数
  •  登録者全員の履歴書情報に対する、企業側から評価した注目度順位(個人別)

 (2)登録されている履歴書全体に対する、企業側のアプローチ状況

  •  求人企業側から頻繁にスカウトメールを送信されている登録者についての情報
  •  求人企業側が検索・送信を行っている登録者の傾向についての情報
  •  過去30日以内にスカウトメールを送信した企業の情報

 (3)求人企業側の活動傾向に関する情報

  •  ●スカウトセンターを通じて活動を行っている「転職希望者」「求人企業」状況をリクナビNEXT編集長が客観的
      に分析
  •  ●スカウトセンターを通じて、活動を行っている求人企業担当者からのメッセージ

【3】毎年約50万人が利用する、新規学卒者向け就職情報サイト「リクナビ(リクルートナビ)」のブランド力を背景に、社会人向け転職サイト「リクナビNEXT」としてサイトサービスの名称を変更

リクルートが新規学卒者向けに提供している就職情報サイト「リクナビ(リクルートナビ)」は、サービス開始から、6年目を迎え、大学卒業予定者(民間企業就職希望者)のほぼ100%が利用する、就職活動の情報源としてのスタンダードとなっております。

この社会人27歳位までに対する、新規学卒者向け就職情報サイト「リクナビ」ブランドの圧倒的認知を背景に、従来、新規学卒者向けのブランドであった「リクナビ」を、リクルートが提供する「転職・就職」に関する統合ブランドとして新たに設定、位置付けます。
この新しい「リクナビ」ブランドの1つとして、従来の社会人向けサービスである「リクルートナビキャリア」を「リクナビNEXT」と名称変更し、新たにスタートいたします。


▼本件の詳細はこちらよりご覧ください
20020605.pdf (80.1 KB)