プレスリリース記事詳細

学生と企業が"会う"ことから始まる就職サービス 『リクナビダイレクト』誕生

株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:柏木 斉)は、2002年4月~2012年3月に大学院・大学・短大・専門学校を卒業・卒業予定の就業経験のない若者と、採用を考えている全国の中堅・中小企業を支援し、より多くの雇用機会を創出するために、「会う」ことから始まる就職サービス『リクナビダイレクト』(http://rikunabi-direct.jp/)を本日より開始いたします。

『リクナビダイレクト』開始の背景

昨今の厳しい就職状況の中で、毎年「就職したい」という希望を叶えられない、多くの学卒未就業者が出ています。一方で、採用意欲はあるのに「欲しいだけの人が採れない」「もっと、満足できる人材を採用したい」という企業も数多く存在しています。そのなかで、私たちは、魅力ある中堅・中小企業の求人を拡大し、「働きたい」という意欲を持った若手の人材と、「若いチカラで成長したい」という企業のマッチングを支援します。

『リクナビダイレクト』サービス概要

一人でも多くの学生と、一社でも多くの企業を支援し、より多くの雇用機会を創出するために、 2002年4月~2012年3月に大学院・大学・短大・専門学校を卒業・卒業予定の就業経験のない若者と、採用を考えている全国の中堅・中小企業を対象に、筆記試験や書類選考なしでまずお互いが 「会う」ことから始まる就職サービス『リクナビダイレクト』をスタートします。書類では分からない、見極められない、学生の可能性やポテンシャルに出会う機会として、「会う」ことから始まる就職システムを提供し、もうひとつの就職スタンダードを目指します。

『リクナビダイレクト』3つの特徴


(1)筆記試験・書類選考なしで企業に会える
採用情報を掲載している企業に応募すると、「面談」「説明会」という形で企業の方に会って話をすることができるため、相互の理解を深めることができます。

(2)自分に合っている企業をレコメンドしてくれる
ユーザーが利用するマイページのトップ画面では、登録情報に基づき、その人に合った企業を毎週最大10社程度案内します。企業数が多く、選びづらいという方も安心です。 

(3)採用情報には、採用予定人数と応募数が明記されている
採用予定人数とそれに対する応募数を明記。その数字をひとつの基準に就職活動を行うことができます。 

※上記特徴にあてはまらない求人情報もございます。

▼『リクナビダイレクト』はこちらから
http://rikunabi-direct.jp/

▼本件の詳細はこちらよりご覧ください
20111024.pdf (199.6 KB)