プレスリリース記事詳細

一人ひとりに最適化した情報提供で"自分に合う"企業を発見できる!  『リクナビ2014』本日オープン

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:水谷智之)は、2014年卒業予定の学生(大学院、大学、短大、専門学校、高専)および既卒生を対象にした、就職情報サイト『リクナビ2014』(http://job.rikunabi.com/2014/)を本日オープンいたします。

本件の詳細はこちらよりご覧ください。
20121201.pdf(272 KB)

『リクナビ2014』開発の背景

就職についての悩みは、学生の皆さんにとって、過去よりもずっと大きな関心事となっています。就職関連サービスや、大学に於ける就職指導は充実し、情報の量は飛躍的に拡大したものの、その情報を上手く整理することが出来ず、活用しきれていない状況があります。そこで『リクナビ2014』では、一人ひとりに合う最適化した 情報提供をすることで、自分と相性の良い企業に「より効率的」に出合えるようナビゲートします。

『リクナビ2014』の主な特徴

これまでにリクナビが蓄積してきた「内定を獲得した学生の行動履歴」、 「企業の掲載情報」などに基づいた「ビッグデータ」の解析結果や、 総合適性検査SPIの開発で培ったノウハウ等を活用することで、 就職活動生一人ひとりの志向や特徴に合わせた企業情報のレコメンドを行います。

※ここでは、主要な2つの指標について紹介します。

1)「社風フィット」で、自分に合う“組織風土”や“働き方”を持つ企業かどうかが分かる

企業を選ぶ際に重要な、組織風土や働き方。企業の方に実際に会う前でも参考にできる、企業との一人ひとりの相性を算出します。

—トップページで、自分に合う企業をレコメンド
時期や活動状況に応じて、一人ひとりに合わせた活動目標や、志向に合う企業がレコメンドされます。

—企業を検索した際、“組織風土”と“働き方”を星(★)3段階で表示
企業が持つ組織風土や働き方と、自分の志向との相性を算出した結果を、それぞれ星(★)3段階で表示。自分の志向に合った企業を発見することができます。

2)「条件フィット」で、応募した企業が求める条件との「適合度」が分かる

これまでの就職活動では、企業の求める人材に適っているかどうかは、選考を受け、結果が出るまで分かりませんでした。この機能を活用することで、企業へのエントリー後、エントリーをした人の中で、自分が相対的にどのような位置づけなのかが分かります。

※「社風フィット」と「条件フィット」は、表示設定をしている企業のみ見ることができます。 また、リクナビへの登録後、「志向情報」の登録、自己診断ツール「リクナビ診断」、SPI開発部監修の「言語・非言語Webテスト」に回答する必要があります。

また、上記以外にも、Web説明会『R-Webinar(アール・ウェビナー)』プログラムの充実や、スマートフォン版リクナビの強化、リクナビアプリの提供に加えて、ビジネスSNS『Biz-IQ(ビズアイキュー)』との連携により、12月4日から『リクナビ×Biz-IQ OB・OG訪問』を開始、学生が社会人に相談・訪問する機会を提供します。

本件の詳細はこちらよりご覧ください。
20121201.pdf(272 KB)