プレスリリース記事詳細

介護業界/介護職への定着を支援するための新入職員向け研修「CHEER UP!」をスタート

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柳川昌紀)は、介護業界入職1年以内の職員を対象とした研修、「CHEER UP!」を開発しました。2014年7月より、介護現場のニーズを取り込みながら試験運用を始め、2015年4月より、本格的にサービスを開始しました。

▼本件の詳細はこちらをご覧ください。
20150423.pdf (271.4 KB)

「CHEER UP!」の⽬的

すでに超⾼齢社会を迎えた⽇本では、介護サービスを必要とする可能性の⾼い75歳以上の⼈⼝が今後も増加 すると予測されています。また、介護保険サービスやサービス付き⾼齢者住宅を提供する事業者も年々増加傾 向にあります。こうしたなか、介護分野の従事者のニーズが⾼まる⼀⽅、⼊職1年以内に離職する職員が少なく ないという課題があります。
離職には、“所属施設からの離職”と“業界からの離職”の要因があります。当社では、所属施設への定着はもち ろん、介護業界/介護職への定着を⽀援することを⽬指し、どのようなことでも話し合える“業界同期”を⾃⾝の 職場以外に作ることを⽬的とした、集合型の新⼊職員向け研修「CHEER UP!」を開発しました。

 「CHEER UP!」の特徴

● 介護現場からのオーダーメイドで研修内容を開発
介護現場のニーズに的確に応えるため、数百⼈の新⼊介護職員のモチベーションについて2011年から調査・ 解析を⾏い、モチベーションが下がる時期や要因を明らかにしたうえで、研修プログラムを開発しました。

●どのようなことでも話せる“業界同期”を得ることで、業界からの離職を低減
介護職員が働く現場は⼈間関係が限定的であることが多く、新⼊職員が悩みを抱え込んでしまう傾向があり ます。そこで、複数社が参加する研修のなかで、どのようなことでも話し合える“業界同期”を⾃⾝の職場以外に 作ることで、所属施設だけではなく、業界からの離職を低減することを⽬指します。

●介護職による、介護職のための研修 研修講師には、介護現場のことをよく知る介護職リーダーを起用。
当社で講師養成プログラムを独⾃に開発 し、介護職リーダーの発掘、育成、講師認定を⾏っています。“研修講師”という新たな職能を⾝につけることを 通じて、介護職リーダーのキャリアを⽀援します。

「CHEER UP!」の今後の予定

2015年度は、東京都、神奈川県、埼⽟県、千葉県で、500社・2000名の参加を⽬指します。また今後は、 階層型研修の開発を進め、介護業界の離職低減に寄与します。

▼本件の詳細はこちらをご覧ください。
20150423.pdf (271.4 KB)