プレスリリース記事詳細

就職白書2016 -採用活動・就職活動編-

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柳川昌紀)のよりよい就職・採用の在り方を追究するための研究機関・就職みらい研究所(所長:岡崎仁美)は、企業の新卒採用活動および学生の就職活動の実態を明らかにするため、全国の新卒採用を実施している企業と、就職活動を行った2016年卒業予定の大学4年生・大学院2年生を対象に、調査を実施いたしました。
このたび調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告申し上げます。

本件の詳細はこちらをご覧ください。
20160216_01.pdf (1.2 MB)

【2016年卒の新卒採用活動の総括】<企業>

  • 12月時点での2016年卒の採用数は、「採用数充足・計」は48.3%と、2012年調査開始以来はじめて半数を下回った。一方、未充足企業は、50.7%となり、前年より8.1ポイント増加した。
  • 2016年卒の採用活動全体に対する満足度は、「満足・計」が47.0%と半数を下回り、前年よりも減少。一方、「不満・計」は26.7%で、前年よりも増加した。
  • 採用活動プロセス毎の開始時期で、開始した企業が最も多い月を見ると、『採用広報』については、「採用に関する情報の提供」「プレエントリー受け付け」「大学で開催される合同説明会・セミナー」「大学以外で開催される合同説明会・セミナー」「自社の説明会・セミナー(対面)」「自社の説明会・セミナー(Web)」の全てで「2015年3月」と、いわゆる「採用広報解禁月」に集中した。『採用選考』について見ると、「書類選考」「適性検査・筆記試験」「面接」は「2015年4月」、「内々定・内定出し」は「2015年8月」であった。

【2016年卒の就職活動の総括】<学生>

  • 民間企業を対象に就職活動を行った学生のうち、12月時点で就職が決まっている人である「就職・計」は86.8%と、前年の84.5%より2.3ポイント増加した。
  • 就職先が確定している学生の入社予定企業への満足度は、「満足・計」が81.7%となった一方、「不満・計」は3.3%で、「満足・計」が圧倒的に高かった。

【2017年卒の新卒採用活動の展望】<企業>

  • 全7項目について、いずれも最も回答率が高いのは「変わらないと思う」であったが、『選考応募者数』『新卒採用活動の母集団』については4割前後は「減ると思う」、『新卒採用に係るマンパワー』『内定辞退者数』については3割強が「増えると思う」としている。
  • 『採用広報』について、「採用に関する情報の提供」の開始月は、77.2%の企業が「2016年3月」としており、2016年卒の74.7%よりも2.5ポイント増加している。『採用選考解禁前』の5月までに「面接」「内々定・内定出し」を始める企業の割合は、2017年卒でそれぞれ67.9%、44.1%となっており、2016年卒と比較すると、「面接」で2.9ポイント、「内々定・内定出し」で17.2ポイント減少している。
  • 採用数が満たなかった場合の対応については、「採用数に満たなくても求める人材レベルは下げない」が51.2%と半数を超えた。

本件の詳細はこちらをご覧ください。
20160216_01.pdf (1.2 MB)