プレスリリース記事詳細

国家資格である介護福祉士合格をサポートする無料試験対策サイト「ケアトレ」 ついに会員数1万人※ を突破!受験者の7人に1人にご利用いただいている『ケアトレ』が新試験に対応! ※2017年1月時点

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林大三)が運営する『HELPMAN JAPAN』は、昨年の介護福祉士の国家資格試験改定による試験傾向(昨年度から問題に加わった「医療的ケア」の追加等)も踏まえ、介護職員の社会的地位向上のために、過去問題と予想問題が無料で解ける試験対策サイト「ケアトレ」(http://caretore.com)をリニューアルし、提供を開始しました。

本件の詳細はこちらをご覧ください。
20171030.pdf (692.9 KB)

忙しい介護職員のために最適な試験対策サイト

介護福祉士は、国が介護の専門的知識や技術を持った高度人材を養成するために設置した国家資格です。現在、超高齢社会が進展している日本では、介護を必要とする方が増え続けていることから、介護福祉士の存在は社会的にますます求められています。
しかし、介護職員の方々は、日々の業務を行いながら勉強時間を捻出することが難しく、介護福祉士試験の受験を諦めたり、なかなか合格に至ることが出来ないケースも存在します。また、昨年(平成28年1月試験)まで、介護の実務経験を活かして介護福祉士になるためには、少なくとも3年の実務経験が必要でしたが、今年(平成29年1月試験)から、「実務者研修の修了」が新たに義務付けられました。研修を修了出来ずに受験を見送る方もいらっしゃったようです。このような変更に伴い、今年の受験者は昨年16万人から、ほぼ半数の8万人を下回る結果となりました。
HELPMAN JAPANでは、こうした現状も踏まえ、試験勉強をしやすい環境を準備することで、介護福祉士の資格取得を目指す方を一人でも多くサポートしたいという想いから、試験内容の変更に合わせて「ケアトレ」のリニューアルを行いました。

ケアトレの特徴

  • 過去4年分の過去問題が解ける
    過去4年分の過去問題を厳選し、得点が取りにくい領域を重点的に学習できます。
  • 無料でありながら、充実した解説が付いている
    過去問題の解説は、介護福祉士の受験対策講座を受け持つ講師陣によって監修されており、問題を解きながら効率的に学べる内容となっています。
  • 2018年1月試験に向けた予想問題で直前対策にも使える
    合格に直結する予想問題(50問)と過去問題を同時リリースしました。試験の直前対策としてお使いいただけます。

『HELPMAN JAPAN』とは?
『HELPMAN JAPAN』は、2010年に株式会社リクルートキャリアと株式会社講談社が共同で立ち上げた、日本の介護ビジネスに関わる全ての人を応援するCSRプロジェクトです。日本の福祉・介護を世界に誇る未来産業へ。Webサイトでは、最新情報やイノベーティブな取り組みをしている方などのインタビューを通じて、介護業界についてのポジティブな情報発信を行っています。
http://helpmanjapan.com/

本件の詳細はこちらをご覧ください。
20171030.pdf (692.9 KB)