プレスリリース記事詳細

職員の信頼を得る・ビジョンをつくる・そして理想的な施設運営ができるようになる福祉・介護職管理者向け研修 『TEAM UP!』提供開始

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代⽥区、代表取締役社⻑:⼩林⼤三)が運営する介護業界の就業人口を増やすことを目的としたプロジェクト「HELPMAN JAPAN」は、株式会社リクルートマネジメントソリューションズ(本社:東京都千代⽥区、代表取締役社⻑:奥本英宏)と共同開発した、福祉・介護分野の管理者の⽅々を対象とした研修「TEAM UP!」の提供を1月26日(⾦)より開始します。

本件の詳細はこちらをご覧ください。
20180124.pdf (234.9 KB)

背景・課題

  • 介護就業人口を増やすキーワードは「定着」

    すでに超高齢社会を迎えた日本では、介護従事者への需要は高まっています。しかし、2025年には介護人材の需給推計における需給ギャップは37.7万人に達すると推計され、介護人材の不⾜は深刻さを増しています。その背景には、介護業界へ年間約29万人が入職する一⽅で、約22万人が離職し、離職者のうち約60%が他の業界へ転職しているという現状があります。つまり、就職する人を増やすことだけでなく、定着させていくことも、業界の就業人口増加の実現に向けた重要なポイントとなります。

  • 離職率は施設ごとに違いがあり、管理者の「⾏動」は⼤きなカギ

    HELPMAN JAPANがこれまで福祉・介護施設の新人、中堅、リーダー層へと研修を展開する中で、離職率は施設ごとに差があり、それは「管理者の⾏動の違い」にも一因があることが分かってきました。一⽅で、管理者の⽅からは「日々の業務が忙しい中で、なかなか現場にとっての効率的な打ち⼿を考えられない」という課題感や「少ない人員の中で現状でも頑張っているが、一体どうすればうまく施設運営ができるのか」といったお悩みを伺います。そこで、施設・組織への影響⼒が⼤きい管理者が抱えるそうした悩みに寄り添い、解消できれば、世の中で一人でも多くの介護職員がイキイキと働ける環境ができ、ひいては介護業界を⼤きく変えていくことに繋がると信じ、管理者向け研修「TEAM UP!」を開発いたしました。

福祉・介護職管理者向け研修『TEAM UP!』とは?

  • 「ヒト」にフォーカスし、どうしたらより良い施設運営が出来るかに気付く

    介護業界は、あらゆるサービスが「ヒト」に紐づいており、ヒトが『資産』だといわれています。業界でもヒトの問題は単なる人的課題ではなく、経営課題にもなっています。そうした中、管理者には施設運営に際し、「施設が目指すビジョンを掲げ、誰よりも信じて、⾃分が動く」「ビジョン・業績達成のための組織・業務改善を⾏う」「組織・人員体制を整備し、そこを効果・効率的に動かす」などが求められます。従業員の管理人数にもよりますが、事業や組織業績に対する「責任者」として求められるこうしたテーマは共通だと考え、TEAM UP!ではその共通のテーマである組織の「ヒト・モノ・カネ」の「ヒト」にフォーカスしています。管理者⾃ら現場を⾒て、ビジョンを伝え、リーダー層にどのように動いてもらうかを考え、実⾏することを通じて、ご利用者も職員も、管理者もイキイキとする施設作りを目指します。

  • 管理者の役割を理解し、職員の信頼を作る、1日完結型のプログラム

    1日完結型の研修では、チームでのディスカッションと今までの⾃⾝の⾏動の振り返りを⾏い、管理者の役割とはなんなのか、現場に出る目的は何か、伝わるビジョンとは何か、どう伝えるか、さらには信頼できるリーダー層を育成し、どのように動いてもらうのかなどについて考えます。研修の最後には職場に帰り、⾃⾝がどのように言動するかのアクションプランを作成します。

『HELPMAN JAPAN』とは?
2010年、3つのアプローチ①ブランディング(介護職の地位向上を目的とした情報発信)②採用支援(採用ノウハウセミナー、人材紹介など)③定着支援(スタッフへの研修開発、資格取得支援など)から介護業界の就業人口を増やすことを目的として始まったプロジェクトです。Webサイトでは、最新情報や先端的な取り組みをしている⽅々のインタビューを通じて、介護業界についての情報発信を⾏っています。
http://helpmanjapan.com/

本件の詳細はこちらをご覧ください。
20180124.pdf (234.9 KB)