プレスリリース記事詳細

"「1都3県(※) からそれ以外の道府県」に居住地を変更した転職者"の入社の決め手 「勤務時間・休日休暇」より「将来キャリア」を重視 -「リクルートエージェント」登録者アンケート集計結果 - ※ 1都3県:東京、神奈川、千葉、埼玉

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代⽥区、代表取締役社⻑:⼩林⼤三)は、転職情報サービス「リクルートエージェント」の登録者を対象にアンケート調査を⾏いました。
その結果の一部をご報告いたします。

本件の詳細はこちらをご覧ください。
20180327.pdf (325.4 KB)

調査について

転職前に1都3県に住んでいた⽅を軸にして、転職によって居住地を変更した⽅の"⼊社の決め⼿"を分析。「1都3県以外の道府県」に居住地を変更した⽅と「1都3県内」で居住地を変更した⽅の⽐較をいたしました。

20180327_02.jpg

20180327_01.jpg



【調査解説】
転職によって"「1都3県からそれ以外の道府県」に居住地を変更した転職者"は、自身の「キャリアや成⻑」、会社の「将来性」を重視する傾向となり、"「1都3県内」で居住地変更した転職者"が、勤務時間や休日休暇、年収などの、短期的な処遇改善を求めているのとは対照的な結果になった。
背景の一つとして考えられるのが、"「1都3県からそれ以外の道府県」に居住地を変更した転職者"の中⻑期的なキャリア志向である。家族との生活も含め、自らのライフワークを⽀える基盤として、⻑い目で「自⼰成⻑」できるステージかどうかを⾒極めようとする⼼理がうかがえる。転職者を求める地⽅企業も、中⻑期のビジョンや新規事業の推進ポジションなど、「給与」とは異なる成⻑ステージの提⽰で、採用に成功する企業が多い。


本件の詳細はこちらをご覧ください。
20180327.pdf (325.4 KB)