プレスリリース記事詳細

リファラル採用で社員からの知人紹介数に最も影響が大きいのは「自社の経営情報の公開度」アンケート調査から見える人事担当者の認識と成功影響要素のギャップ

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三)の リファラルリクルーティング支援サービス『GLOVER Refer』は、リファラル採用(社員に友人知人を紹介してもらい行う採用方法)に関する調査を実施し、人事担当者とリファラル 採用に協力したことのある社員から回答を得ました。このたび「リファラル採用成功に関係する要因」の調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告申し上げます。

本件の詳細はこちらをご覧ください
20181101_01.pdf (575.3 KB)
20181101_02.pdf (286.9 KB)

調査結果のサマリ

  1. 1)リファラル採用の制度がある企業は全体の7割以上
  2. 2)企業の人事担当者によると、社員からの知人紹介数に最も影響が大きいと考えるのは「社員の自社推奨度(31%)」
  3. 3)リファラル採用に協力した社員によると、知人紹介数に最も影響が大きいのは「自社の経営情報の公開が進んでいるか」で35項目中1位
  4. 4)「自社の経営情報の公開が進んでいる」と社員が感じる企業は、業績や戦略などの情報を定期的に広報しており、「進んでいない」企業と35~47ポイントの差がある

20181101_01.jpg

リファラル採用の制度がある企業は全体の7割以上

  • 企業の人事担当者へのアンケート
    リファラル採用の「制度があり、推進している」企業は48%、「制度があるが、推進していない」企業が23%、「制度がないが、導入を検討している」企業が15%と、全体の86%の企業において、リファラル採用への意欲がある結果となりました。
    20181101_02.jpg

その他の調査項目

    • 人事担当者へのアンケート
      ・知人紹介数に影響が大きいと思う要素

    • 自社の採用に知人友人を紹介した社員へのアンケート
      ・知人紹介数に影響がある要素
      ・社員の自社の経営情報公開度について感じていること

調査概要

    • 人事向け調査
      ・実施期間|2018年8月20日(月)~8月22日(水)
      ・調査対象|人事として働かれている方
      ・回答数 |630名
      ・調査方式|webを使用したアンケート

    • 社員向け調査
      ・実施期間|2018年6月28日(木)~6月30日(土)
      ・調査対象|リファラル採用に協力した正社員または契約社員の方
      ・回答数 |531名
      ・調査方式|webを使用したアンケート

      ・実施期間|2018年8月24日(金)~8月26日(日)
      ・調査対象|正社員または契約社員の方
      ・回答数 |1,136名(うち該当者775名の結果を掲載)
      ・調査方式|webを使用したアンケート
  • 調査結果の注意点
    %を表示する際に小数点第1位で四捨五入しているため、単一回答の場合は100%、複数回答の場合は合計値に一致しない場合があります。

 ▼関連情報
 ・兼業・副業に対する企業の意識調査(2018)
 https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2018/181012-01/

 ・中途入社後活躍調査(第1弾) 
 https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2018/181009-02/

本件の詳細はこちらをご覧ください
20181101_01.pdf (575.3 KB)
20181101_02.pdf (286.9 KB)