プレスリリース記事詳細

2018年12月の転職求人倍率を発表。12月は1.65倍(前年同月差 ▲0.27)

12月の転職求人倍率は1.65倍(前年同月差 ▲0.27)

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三)が提供する転職支援サービス『リクルートエージェント』における2018年12月末日時点の転職求人倍率についてご報告いたします。

  • 転職求人倍率とは、リクルートエージェントの登録者1名に対して、リクルートエージェントにおける中途採用求人数が何件あるかを算出した数値です(小数第三位で四捨五入しています)。

本件の詳細はこちらをご覧ください。
20190115_02.pdf (442.2 KB)

【全体】
転職求人倍率は前年同月と比べて0.27ポイント減の1.65倍

【職種別】
建設エンジニア (4.43倍)、組込・制御ソフトウエア開発エンジニア (4.00倍)、インターネット専門職 (3.92倍) が高い

【業界別】
コンサルティング業界 (5.59)インターネット業界 (3.21) が高い

【地域別】
関東圏 (1.49倍)、東海 (2.72倍)、近畿 (1.44倍)

  • 2018年12月の転職求人倍率は、前年同月差▲0.27ポイントの1.65倍。
  • 職種別にみると前月と比べ求人数は34職種中17職種が増加 (うち6職種は過去最高) 、登録者数では34職種中26職種が増加 (うち24職種は過去最高) 。
  • 求人数前月比100.0、前年同月比119.5%。登録者数は前月比101.0%、前年同月比139.1%。

【全体】転職求人倍率

20190115_02.jpg

本件の詳細はこちらをご覧ください。
20190115_02.pdf (442.2 KB)