プレスリリース記事詳細

リファラル採用で声をかけられた人の実態調査 知人に誘われた人のうち、2人に1人が応募 そのうち7割は「興味がなかった」企業へ応募

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三)のリファラルリクルーティング支援サービス『GLOVER Refer』は、リファラル採用(社員に知人を紹介してもらい行う採用方法)に関する調査を実施し、「知人の会社に誘われたことがある」650名から回答を得ました。調査結果がまとまりましたので、抜粋してご報告申し上げます。

本件の詳細はこちらをご覧ください。
20190304.pdf (339.6 KB)

調査結果概要

  • 知人から、知人の会社に誘われた人のうち、実際に選考を受けた人は2人に1人だった(54.8%)
  • 選考を受けた人のうち、約7割は「その会社や事業に興味があった訳ではなかった」(70.2%)
  • 知人の会社に誘われた経験のある人は約2割に留まり、リファラル採用が今後広まる余地がある

【解説】

知人に「自社にこないか?」と誘われた経験がある人のうち、その会社の選考を受けた人は54.8%と、2人に1人が選考に進んでいることが明らかになりました。また、誘われた人からは、「評価されていることが嬉しかった」等、ポジティブなコメントが多くみられました。

「選考を受けた理由」については、 70.2%が「以前から興味を持っていた訳ではなかった」と回答。転職者にとっては、「自分では想定していない選択肢との出会い」をもたらすことが多いという結果となりました。

リファラル採用は「求職者も予期していなかった応募」へつながる可能性が高いことから、他の採用手法では採用できなかった人材へのアプローチに効果的であると考えられます。
リファラル採用成功の鍵は、「社員に向けた経営情報の公開(※)」がポイントとなるため、経営者を巻き込みながら、社員へ情報開示を進めることが求められます。

※リファラル採用に関する人事担当者向け調査:https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2018/181101-01/

20190304_01.jpg

本件の詳細はこちらをご覧ください。
20190304.pdf (339.6 KB)