プレスリリース記事詳細

2019年ゴールデンウィーク転職活動実態調査 10連休も「転職活動」、求職者の6割以上 「早く転職したい」意向強く「面接実施」が3割も

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三)は、転職情報サイト『リクナビNEXT』の登録者を対象としたアンケートを3月下旬に実施し、744名から回答を得ました。
このたび「2019年のゴールデンウィーク転職活動実態」について調査結果をまとめましたので、一部をご報告申し上げます。

本件の詳細はこちらをご覧ください。
20190412.pdf (815.2 KB)

調査結果トピックス

  • 大型連休となる2019年のゴールデンウィーク(以下「GW」)期間中も、転職活動を実施する予定の求職者が6割を越える
  • 活動予定者の年代による大きな差はなく、全年代において活動実施が6割以上と高い傾向
  • 12歳以下の子どもがいる求職者も、5割以上は「転職活動」を実施すると回答
  • GW期間中の活動実施の理由は「早く転職がしたい」が最も高く6割以上
  • 活動内容は企業が休みの場合は限られるため、「求人探し」など個人で完結できる活動が上位を占めるも、3割以上が面接を受けると回答

調査結果 2019年のGW期間中の転職活動実態

GW期間中も「転職活動」を実施する予定と回答した求職者は6割以上(64.8%)と、10連休中も転職活動実施の傾向

20190412_01_main.jpg

本件の詳細はこちらをご覧ください。
20190412.pdf (815.2 KB)