プレスリリース記事詳細

『働きたい組織の特徴』2020年卒TOPICSー「従業員数100人未満企業」を志望する学生の特徴ー

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三)の研究機関・就職みらい研究所(所長:増本 全)は、大学生および大学院生の就職活動において、働きたい組織の特徴を明らかにするため、就職活動を行っている2020年3月卒業予定の大学4年生・大学院2年生を対象に調査を実施しました。本リリースでは、2020年卒学生への調査から一部を抜粋して報告いたします。

本件の詳細はこちらをご覧ください。
20200312.pdf(700.4 KB)



学生の志向から示唆される、中小企業の新卒・若手採用において重要な視点とは?

学生の志望する従業員規模別「望む働き方」を見たところ、「従業員数100人未満企業」を志望していた学生は他規模を志望する学生に比べて「就業形態にこだわらない働き方」や「独立・起業を考えている」傾向があるとわかりました。また、「従業員数100人未満企業」の志望学生は、「企業固有の技術や商品等が強みの企業」よりも「個々の人材の専門性が強みの企業」への支持が高い傾向などが見られました。さらに、採用選考の広報解禁時期が2020年卒と同じ3月となった2016年卒時と比べると、「従業員数100人未満企業」の志望学生は「個人が試行錯誤することで成長する」よりも「会社のノウハウや型を学んで成長する」ことへの支持が高まっています。
これらを踏まえ、中小企業は新卒・若手採用において、「自社独自のノウハウや専門性を習得できる組織づくり」や「入社後どのように成長できるのか」を周知することがポイントになると考えます。




本件の詳細はこちらをご覧ください。
20200312.pdf(700.4 KB)