プレスリリース記事詳細

『リクナビ2022』、VISITS Technologies社と協業 1day仕事体験で「デザイン思考トレーニング」 学生に「再現性の高い創造力」を身に付ける機会を提供

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社⾧:佐藤 学)は、この度、VISITS Technologies株式会社(本社:東京都千代田区 CEO/Founder:松本 勝)と協業いたします。VISITS Technologies社の「科学的デザイン思考トレーニングプログラム」をもとに、企業の1day仕事体験向けのプログラムを共同で開発。『リクナビ2022』の掲載企業に販売します。1day仕事体験に参加する学生は、新規事業の立案を目的とするグループワークを通じて、抽象度の高いテーマに対して本質的な課題を発見する体験ができます。プログラムを導入する企業のプログラム提供時期は2020年10月~2021年2月末を予定しています。

PDF版はこちらをご覧ください。
20200924.pdf(935.8KB)

構造化されたプログラムで「再現性の高い創造力」を習得できる

今回のプログラムでは、構造化されたデザイン思考のステップに沿って就業体験ワークを進めます。学生は各社ごとの領域における新規事業創出の就業体験を行いつつ、新しいアイデアを考える際の型化された思考法を習得し、別のテーマでも再現性高く創造力のあるアイデアを生み出すことができるようになります。

例えば、よく「ブレイク・ザ・バイアス」と言われる「前提条件の転換」も、本プログラムに含まれる型化された思考法の一つです。新しい自動車のアイデアを考えるときには、タイヤが4つである必要はない/運転免許が必須ではない/運転できる座席が1席だけではない...など、現在当たり前の前提だと考えられていることを転換してみるというアプローチです。このように型化された思考法を構造化して一連の思考の流れとして組み合わせることで、再現性の高い創造力が身につくプログラムになっています。

こうしたプログラムを実施する理由の一つは、政府が「Society5.0」に突入すると提唱しているためです。Society5.0とは、内閣府のサイトによれば、「IoT(Internet of Things)、ロボット、人工知能(AI)、ビッグデータ等の新たな技術をあらゆる産業や社会生活に取り入れてイノベーションを創出し、一人一人のニーズに合わせる形で社会的課題を解決する新たな社会」を意味します(※1)。つまり、これからは「ニーズ(課題)を発見する力」と「前提にとらわれない解決策を構築する力」によりイノベーションを創出することができる、まさにデザイン思考力を持った人材が求められるということです。そこで当社は、就業体験を通じて、社会に出た後も再現性高く使うことのできるデザイン思考のトレーニング機会を、学生に広く提供できないかと考えました。

学生は、プログラム導入企業が提供する1day仕事体験として『リクナビ2022』上で申し込むことができます。新型コロナウイルス感染症の影響により就業体験のオンライン化が進んでいますが、本プログラムもオンラインでの開催が可能です。オフラインで実施する場合の会場は、北海道・宮城県・東京都・大阪府・京都府・福岡県の15カ所(2020年9月現在)にVISITS Technologies社が保有する「HELLO,VISITS」店舗のセミナールームとなります。

今後もリクルートキャリアは、学生が希望と納得感をもって将来を決められるようにとの願いを込めて、日々事業を推進してまいります。
※1 内閣府 「Society 5.0」

VISITS Technologies株式会社

株式会社リクルートキャリア

PDF版はこちらをご覧ください。
20200924.pdf(935.8KB)