プレスリリース記事詳細

第3回 人事担当者対象調査 9月時点-2022年卒採用見通しおよびインターンシップの実施状況-

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐藤 学)の研究機関・就職みらい研究所(所長:増本 全)は、2022年卒採用に関する調査を実施しました。今回、2020年9月時点の調査結果の一部をまとめましたので、ご報告申し上げます。

本件の詳細はこちらをご覧ください。
20201029.pdf(794.4KB)

2022年卒採用予定数などの確定時期について、10月時点で約4割は未確定

新型コロナウイルス禍により就職・採用活動動向も変化が見られる中、前回3月調査に続き3回目の人事担当者向けの調査を実施しました。今回のご報告では、2022年卒採用実施の見通しをはじめ、2022年卒採用実施予定者の2022年卒向けインターンシップを中心にまとめました。2022年卒採用について、実施予定は約6割で、検討中は2割強存在しています。さらに、採用実施予定企業のうち採用予定数などの確定時期を聞くと、10月時点で約4割が未定となっています。2022年卒採用実施予定者に、2022年卒向けインターンシップの実施について聞いたところ、9月までに36.4%が実施しており、10月以降では検討中が約3割ではありますが、約4割が実施予定です。インターンシップ実施予定の企業で見ると、受け入れ人数では、2021年卒向けと同じが5割近くで、減らす予定よりも増やす予定の方が上回っています。インターンシップ実施を決めている企業は、積極的な受け入れ姿勢がうかがえます。また、実施の仕方については、会場等への直接集合とWebを併用しての実施が見受けられます。これから就職活動をされる学生の皆さまにとって、インターンシップへ参加することで、志望業種だけではなく新たな業種や仕事を発見する良い機会となると思います。就職活動が本格化する前の比較的時間に余裕があるときに、インターンシップだけではなく、幅広く情報収集を行うことで、自分に合う就職先の候補を発見できる機会にしていきましょう。

本件の詳細はこちらをご覧ください。
20201029.pdf(794.4KB)