鈴木健人

MEMBER営業|採用支援から経営変革へ

「現地現物」。
深く知ることで、
選ばれる人になる。

鈴木健人リクルーティングアドバイザー


鈴木健人
鈴木健人リクルーティングアドバイザー

「圧倒的に己を高められる環境がいい」と2009年、リクルート(当時)に入社。販促領域での営業を経て、「より難易度の高い仕事がしたい」という想いから社内公募制度(キャリアウェブ制度)を活用し人材領域へ。現在、物流、サービス業界を中心に、大手クライアントの新卒採用を支援している。

挫折のなかで見つけた現地現物という考え方

私の就職活動における会社選びの基準は、(1)どこまでも己を高められる環境がある、(2)この人には敵わないと思える社員がいる、(3)社会的影響力が絶大な仕事、の3つ。すべてで突出していたのがリクルートでした。配属は飲食店を中心にした販促領域でのメディア提案営業。未来の自分への期待と自信しかない状態で入社しましたが、待っていたのは挫折でした。同期の仲間が続々と成果をあげるなか、自分だけ1件の受注もなく、暗闇にただ一人取り残されたような錯覚に陥りました。でも、暗闇で自分を見つめ直したとき、あることに気づきました。「俺は、本当に顧客のことを理解しているのか。上辺のマーケット分析だけで提案しているんじゃないか・・・」。その日から、商談を一時止めることにしました。営業担当ではなく一人の客として、担当する飲食店を訪れ、その空間を自ら体験、自らの舌で料理を味わう。そして、働くスタッフやオーナーと会話する毎日を送ったのです。すると自然発生的に「こんなメニューを開発したらどうか」「こんな経営をするとどうか」といった思考が自分のなかに生まれてきました。「自社メディアに出稿してもらいたい」という自分主語から、「顧客に会社の将来像を提案する」という相手主語への変化。そして、今も大切にする「現地現物(現地へ行き、現物を見て、本質を見極める)」という考えはこのとき生まれました。

鈴木健人

採用のパートナーから、経営のパートナーへ

そこからは一気に売れるようになり、高い評価も受けるようになりました。正直、もうリクルートは卒業してもいいかなと思っていたくらいでした。そんなときに、人材領域(今のリクルートキャリア)の先輩から言われたのは「期待しているからこそ言うけど、お前、薄っぺらいよ。大手への営業や難易度の高い案件も経験せずに卒業するなんてもったいない」という言葉。一言一言がぐさぐさ刺さって、それが社内公募制度を利用して人材領域に異動するきっかけとなりました。現在は、大手企業の新卒採用成功に向けた戦略立案・提案を担っていますが、やっぱり難易度は非常に高いです。課題が複雑なのはもちろん、店長という決裁者にすぐに会うことができる飲食店とは違って、キーパーソンと直接会話ができる信頼関係をつくるまでにも一苦労。しかし、ここでも大事なのは「現地現物」です。全国に店舗展開するある企業では、毎週のように店舗を訪ね、現在ではその人事担当者より「顔が広い」と言われるようになりました。さらに、そこから生まれる本質的な提案が評価され、採用だけでなく、経営の相談までしていただけるように。通常はコンサルや広告代理店の領域である経営変革プロジェクトのコンペにもお声がけいただきました。そこで、グループ横断で特別チームを編制し、コンペに臨んだところ、経営変革パートナーに選んでいただくことができました。顧客以上に顧客を知るくらいの気持ちで取り組めば、顧客が考える以上の大きな未来を見つけ出せる。また、人材領域を起点として、顧客の経営課題に入り込むことができる、そう確信した仕事です。

鈴木健人 鈴木健人

1社との取り組みを、ムーブメントにできる場所

今、私が注力しているのは、この「現地現物」を、新卒採用マーケット全体にも広めていくことです。それが、RJP(Realistic Job Preview)。採用活動において、虚像としてのイメージをつくるのではなく、良い面も悪い面も実態をありのまま伝えることで、企業と学生のミスマッチを防ぎ、定着率を高めていこうとする考え方です。今、世間では“○○業界はキツい”という先入観が蔓延しています。事実としてその企業で幸せに働いている人も絶対にいるはずなのに、世間の評判だけで選択肢を狭めてしまうのはもったいない。こうした想いを昇華させたのが、ある不動産会社との取り組みです。多くの場合、隠したくなるような仕事の泥臭さや大変さをあえてさらけ出し、その先にある達成感と醍醐味をそのまま学生に味わってもらうインターンシップを企画しました。参加学生からは「入社前に知ることができてよかった」「事実を教えてくれ、かえって安心感が生まれた」という声が届きました。どんな仕事にもしんどいときはあります。しかし困難に直面しても「納得して選んだ場所だからやり抜こう」と思える人を一人でも増やしたい、それが当たり前の社会にしたいと考えています。リクルートキャリアは、1社の顧客との取り組みから、業界やマーケット全体に波及するムーブメントを起こすことができる場所だと思っています。なぜならここは、自分の利益ではなく、社会のよりよい未来、あるべき姿を実現するための仕事に没頭できる人の集まりなのですから。

鈴木健人

※この記事は2016年3月時点のものです

このページをシェアする