橋本将崇

PRODUCTCODE.SCORE|エンジニアの技術力を可視化

個々の持つ実務力を
活かせる世の中へ。
壮大なテーマに挑める
事業開発環境とは。

橋本将崇ネットビジネス開発部


CODE.SCORE
CODE.SCORE

ITエンジニアの実務スキルを、CODE.SCOREが独自に提供する試験を使い、客観的な数値として可視化。その可視化したスキルデータと人事データと掛けあわせることで、組織内において今まで見えなかった事実を浮き彫りにする、「ピープルアナリティクスサービス」。

橋本将崇
橋本将崇CODE.SCOREプロデューサー

2014年リクルートキャリア中途入社。大学時代、エンジニアを志すようになり、独学で技術を身につけた。在学中からWEBサイトなどの受託開発に従事。卒業後はITベンチャーでCTO(最高技術責任者)を務め、その後リクルートキャリアに転職。エンジニアの技術力を可視化する「CODE.SCORE」の立ち上げ、企画開発に携わる。

技術力の可視化、というテーマに興味を持った

前職では、ITベンチャーでソーシャルゲームからWEBサービスの開発まで幅広く携わっていました。そんななか、リクルートのAPI(Application Programming Interface)を使ってプロダクトを開発するイベント、ハッカソンに参加したんです。それが、リクルートキャリアとの出会いでした。ちょうどそのとき、リクルートキャリアは今私が携わっている「CODE.SCORE」というエンジニアの“技術力”を評価、分析するサービスの立ち上げを検討していて。自分自身も、エンジニアとしてのプレイヤーとマネジメントの経験を通して、エンジニアの“技術力”は非常にブラックボックス化されやすく、その“技術力”が個人としても、組織としても、うまく活かしきれていないケースが多くあることに課題を感じており、何か新しいサービスを作れるんじゃないかと考えていたタイミングでした。また、“技術力”を適切に可視化するためには、質問項目や分析方法など、精度の高いテストを設計する事前開発が非常に重要となり、他のWEBサービスに比べ、多くの先行投資が必要です。その点で、自分ひとりで挑戦するには資金力に限界がある。資金力と新規事業に対して積極的な風土、両方を兼ね備えているリクルートキャリアは、挑戦するのにベストな環境だと感じてリクルートキャリアで働くことを選択しました。

橋本将崇橋本将崇

世の中に、自分が納得できるものを

入社後は「CODE.SCORE」の立ち上げに奮闘。どんなサービスにするのか、ビジネスモデルを0から検討し、利用者へのヒアリングを実施するなかでアイデアをかたちにしていきました。一番こだわったのは、エンジニアの“技術力”のなかでも特に“実務力”を可視化することでした。暗記させるだけで応用が効かないテストのためのテストになってしまっては意味がないし、私自身もエンジニアとしてそんなものは受けたくない。また、資格試験だと合格か不合格かという2択に絞られてしまい、具体的にその人がどんな特性がありどんなスキルがあるのかが見えているようで見えてこない。“実務力”を測るためにはどんな問題にすればいいのか。リクルートキャリアが持つ膨大な人事/採用データとにらみ合いながら、半年以上も試行錯誤しました。ブレイクスルーとなったのは、要件設計から環境構築、リリースまでの一連の試験を受けてもらうことで、実務の場面における強み、弱みがどこにあるのかも測れるようにしたことでした。その定量化した実務力をどのように意味づけていくのかなど、まだまだ取り組むべき課題は多いものの、今後も利用者の声を拾うなかでより良いプロダクトにしていきたいと考えています。

橋本将崇 橋本将崇

長期的な視点で、ビジネスを拡大していきたい

“技術力”の測定サービスから始まった「CODE.SCORE」ですが、現在では分析結果をもとに「受検者をどのプロジェクトに編成するべきか」「今後どのような技術を身につけるべきか」といった人材の配置や教育などのコンサルティングサービスを提供するまでになりました。今後は、ここで培ったモデルをベースに、エンジニアと同じくブラックボックスになりがちな他の専門性の高い職務領域にも展開し、さらに事業を拡大していきたいと考えています。チャンスが多いだけでなく、長期的な視点で事業投資してくれるのも、リクルートキャリアならではの魅力。開発者にとって、余計な制約なく、自分の思うままにサービスを進化させていける、これ以上の環境は他にないでしょう。この環境を活かして、これからもアイデアをかたちにするなかで、世の中にインパクトを生みだしていきたいと考えています。

橋本将崇橋本将崇

※この記事は2016年3月時点のものです

このページをシェアする