吉川舞

PRODUCTRECRUIT AGENT|プロが転職を成功に導く

企業の事業成長に、
働く一人ひとりの想いに、
伴走し続ける。

吉川舞リクルーティングアドバイザー


リクルートエージェント
リクルートエージェント

キャリアアドバイザーが、転職活動をサポートする、日本最大級の転職エージェントサービス。

吉川舞
吉川舞リクルーティングアドバイザー

2007年、リクルートエージェント(当時)新卒入社。リクルーティングアドバイザーとして、大阪・神戸に配属。重工メーカーや製鉄会社、地場の中小企業まで幅広いクライアントを担当した後、2010年から東京へ。現在は、通信、商社、広告など、各業界のリーディングカンパニーを担当。

人と企業の望む未来を同時に叶える

新しい仕事を探す「個人(求職者)」と、人材を採用したいと考える「企業」とをつなぐエージェントサービス。その根幹は、キャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーの連携です。キャリアアドバイザーは、面談・電話・メールなどで個人の転職活動をバックアップ。「どんな会社でどんな仕事がしたいか?」「どんな未来を歩んでいきたいか?」をともに考えることから始まり、求人情報の検索、応募書類へのアドバイスや面接対策も行います。リクルーティングアドバイザーは、企業経営者や人事担当者と打合せを重ねながら、「何のために採用活動を行うのか?」、「どんな人を採用すべきか?」を明らかにし、選考プロセスへのコンサルティングまで行っていきます。転職活動のプロであるキャリアアドバイザーが「個人」に寄り添い、採用活動のプロであるリクルーティングアドバイザーが「企業」に寄り添うことで、個人と企業、双方の願いや期待を叶える採用を実現していくのです。私は入社以来、リクルーティングアドバイザーとして数多くの企業の採用活動のお手伝いをしてきました。

吉川舞吉川舞

一つの転職が、企業の未来を大きく変える

1人の力が企業にとってどれほどかけがえのないものか。それを強烈に実感したのは、入社2年目のことでした。BtoB領域でEコマース事業を展開していたA社は、BtoC領域へのサービス拡大を構想していました。A社にとってまったく新しいマーケットへの挑戦でした。事業成功のためにどんな人材が必要か、私は社長とディスカッションを重ねました。その結果、マーケティングから商材選び、Webサイト企画・制作までを一手に任せられる人材を採用しなければならないという結論に。いわゆる超ハイスペック採用でしたが、豊富な登録者を抱えるエージェントサービスならではの強みが活き、フリーランスで個人向けの販売サイトを自ら立ち上げ運営してきたという、まさに思い描いていた求める人材像にぴったりマッチする方の採用に成功。驚いたのはその後です。その方の転職後、みるみるうちにA社が運営するWebサイトがリニューアルされ、新サービスも続々誕生。売上げは急拡大し、BtoC事業がA社の新たな柱にまで成長していったのです。1人の力が、一つの転職が、企業の未来を大きく変える。それを目の当たりにし、私はこの仕事にあらためて大きな責任と誇りを感じました。

吉川舞 吉川舞

人材戦略推進=事業戦略推進

大手コンビニチェーンB社との仕事では、採用活動の推進が事業成長のエンジンそのものであることも実感しました。出店競争の激しいコンビニ業界。B社も年間千店以上の新規出店計画を立てていました。しかし出店加速を目指すにあたっては大きな課題がありました。各店舗をマネジメントするスーパーバイザー(SV)の不足です。実際に、用地取得やフランチャイズオーナーとの契約は済んでいるのに、SVが足りず出店できないというケースが続発していました。そして、数百名単位のSV採用にエージェントサービスの総力をあげて着手。求める人材像を明らかにするだけでなく、面接官トレーニングによる採用力強化など万策を尽くし、目標を上回る人数のSV採用に成功しました。しかし、私は考えました。B社の未来を思い描いたとき、果たして今採用すべきは、現場をマネジメントする人だけでいいのだろうか。私はB社経営層に提言しました。「品質管理・物流・経理・・・。コーポレートサイドで経営加速・効率化を推進していける人の採用も必要ではないですか」と。そうして採用活動は、幅広い職種へと拡大。各領域で変革を牽引するスペシャリストの採用にも成功しました。企業が思い描く未来と、個人が思い描く未来。そのどちらも叶えられる採用をもっともっと形作っていきたい。そのために私たちはこれからも企業と個人をどこまでも深く知り、どこまでも寄り添い続けていきます。

吉川舞吉川舞

※この記事は2017年2月時点のものです

このページをシェアする