次世代リーダー育成プログラム「SPIRIT」 2017年12月 開催レポート

20180105_share01.jpg


2017年12月2日~9日の8日間にかけて行われた、リクルートキャリアが開催する次世代リーダー育成プログラム「SPIRIT(スピリット)」。この冬は、33名の学生が全国から東京に集まりました!

「SPIRIT」は、自分自身のWILL(意志)を起点に、未来を切り拓くリーダーを輩出するプログラムを目指しています。そのために大事にしていること、それは「修羅場体験」と「自分を見つめ直す経験」です。学生たちにとって非日常の環境かつ限られた時間の中で、身の丈を超える難題に立ち向かう、この状況を私たちは「修羅場体験」と呼んでいます。

今回は「東京の中小企業の課題解決」がテーマ。システム開発、保険販売、建築などを営む中小企業が抱える現実の課題に対して、何度も現場に足を運び、課題解決に挑戦しました。チャレンジする中で、今までの成功体験が通用しない状況、社長からの本気のフィードバック、心から企業に貢献したいがゆえに生まれるメンバー内の意見のぶつかり合い...このような多くの「修羅場」が生まれていました。

20180105_share02.jpg


そのような「修羅場体験」とともに毎日自らを振返ることによって、自分の弱さと本心に気づいていきます。すると、「課題解決」というよく見かける言葉の裏側に、「心から在りたい姿」を起点にした物事に身を捧げる経験が生まれる。このことが、自分のものさしを起点に未来を切り拓ける次世代リーダーを育てていく上で大切だと考えています。

20180105_share03.jpg


2日間の事前研修後の3日目からは、企業の現場に伺います。社員の方々、企業のお客様などにもアポイントを取りながら、リアルな声を聞き、自分たちの目で見て、仮説を立てては検証を繰り返す...。こうして実際に企業の現場を体験する中で、社長の想い、情熱に触れ、「本気でこの会社のために何かできないか」と学生の目がどんどん本気になっていきます。

20180105_share04.jpg


プログラム5日目、企業への中間発表。論理的に組み立てて完璧かと思えるプレゼンテーションをした後、社長からいただいた一言は「なんか違うんだよね...」という声。徹底的にヒアリングして自信もあった分、学生たちにとっては思いもよらない反応でした。今までセオリーに忠実にインタビューをしていた学生も、堰を切ったように率直な疑問や質問をぶつけはじめます。社長と学生との対話が深くなっていく中で、「そう、問題はそれなんだよ」と社長が語りだしてくれた瞬間、社長の本心に真に近づけたような空気が生まれました。

20180105_share05.jpg


毎晩ワーク後には、リクルートキャリア社員がメンターとなって、学生チームと振り返りをします。振り返りは、椅子を円に並べて「自分を見つめ直して、在りたい姿を考える」時間で、「SPIRIT」の仲間にだからこそ伝えられる本音がぽろぽろと出てきます。ある学生からは、「いままで心から人を信じたことはなかった。でも本当は人を信じてみたいし諦めたくない」との言葉がこぼれます。学生が「自分の本心と在りたい姿」を大切にできるように、自分自身と仲間に徹底的に向き合う経験は「SPIRIT」が大事にしている部分です。

いよいよ7日目には、企業の皆様をお迎えし、全チーム最終提案。実際の課題に対して、本気で解決したいという思いとともに、提案をぶつけます。各チーム本番ぎりぎりまで準備をしながら、社長の期待を超える提案をしようと会場は緊張感に包まれていました。

20180105_share06.jpg


最終プレゼンテーションが始まると、全チームが各社社長の目をまっすぐに見ながらプレゼンテーションを。学生の「社長に届けたい」という気持ちが強く伝わってきます。提案のリアリティを追究するために高校生に街頭ヒアリングをしたチームや、明日にでも取り掛かれるように提案した施策の詳細なマニュアルやツールまで作ってきたチーム。

本気で企業のことを考え、仲間とぶつかり合いながら作り上げた提案は、実際にその課題を抱える社長の心にも響くものとなり、企業の皆様からも「みなさんの熱意に心を動かされました」「具体的な内容も多くてぜひともすぐに取り入れたい」等のコメントを頂きました。「本当に会社のことが大好きで、会社のためになりたいという一心で提案しました」と涙ぐむ学生もいて、関わる企業の皆さまの本気と、学生の本気、どちらが欠けても生み出されなかったシーンが多く見られました。

20180105_share07.jpg


また、プレゼンテーション直後、会場の外で顔を合わせた学生と企業の方々。緊張に包まれた会場内での様子とは異なり、お互いにホッとした表情で言葉を掛け合う姿がありました。たった4日間前に出会ったとは思えない、ここではなかなかうまく書き表せない関係性が生まれていることをその場では感じました(そのうちみなさんにお伝えできるようにしたいと思っています)。

こうして「SPIRIT」8日間の「修羅場体験」と「自分を見つめ直す」経験をした学生たちの眼差しは、初日から見違えるように変わっており、自分の意志で未来を切り拓いてゆく強さを感じました。

20180105_share08.jpg



わたしたちリクルートキャリアは、

今回の参加者のみなさんが次世代リーダーとして

活躍される姿を心待ちにしています。

また、「SPIRIT」のような

次世代リーダー育成プログラムが、

もっともっと日本に広まっていくことを

心から望んでいます。